高い医療技術が必要とされる看護師の職場

医療機関の中でも、先端医療を扱うことが多い大学病院では、各スタッフにより高いレベルの知識が要求されます。これは病院として患者のケアに携わるという役割に加え、医師や看護師などの育成に努めるという役割もある為で、ほかにも臨床研究を行う場として活用されている重要な役割がある為です。
また、大学病院で働くナースは、研修医のサポートを担うことが頻繁にあり、患者の日常生活動作の介助として、歩行や食事、入浴や排泄など、様々な生活上の支援を提供する事が重要な役割ともされます。さらに、難病指定されている疾患に苦しむ患者のケアに携わる機会も多いことから、医師のサポートでも、それぞれの疾患に関する深い知識と適切なケアを提供する事が求められるのです。そのため、看護師としても臨床経験が重要な役割を担う職場となり、先端医療の実践的な技術や専門分野の知識をより深く学びたい、スキルアップしたい人としては、理想的な勤務先となります。
また、大学病院の働き易さとしては、患者のケアの担当が細分化され、系統的な看護体制が整えられている為、人手不足に陥る事が少なくなります。また、看護師の中でも組織が確立され、個々の役割分担や主従関係が明確である為、上司の支持に従う事で職務を遂行する上で迷う事も少なく、働きやすくなる傾向も見られます。また、大学病院では勤務表に沿ったスケジュールで働くことになるため、生活面でも計画が建てやすく、規則的な働き方が出来る職場となっています。